TOP > スポンサー広告 > 成長性分析(1) 理解の動機と表示方法の種別TOP > 財務分析(入門編) > 成長性分析(1) 理解の動機と表示方法の種別

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長性分析(1) 理解の動機と表示方法の種別

■ なぜ企業の成長性を気にするのか

管理会計(基礎編)
「成長性分析」のお話をこれからするのですが、まず、何のために企業の成長性を財務数値から確認したくなるのでしょうか。この領域の指標にご興味をお持ちの方は、一度、自分の胸に手を当てて考えてみて頂けないでしょうか。「今期の売上高が前年対比で30%増加(1.3倍)」と聞いて、この企業はなぜ大丈夫と安心できるのでしょうか?

人が企業の成長性を財務数値で確認したくなる動機は、大別すると次の2つになります。

【目的1】これまでの経営戦略(事業運営・施策実行)がうまくいっているかの検証
【目的2】将来どれくらい成長するか、その伸びしろと成長スピードはどれくらいかの予測


【目的1】について
うまく事業運営がなされていれば、自然に拡大再生産が行われるという経済観念からくる一般常識が分析対象となる企業の成長性を確認したいと思わせます。つまり、「増収増益」はうまく経営した証拠、というわけです。

【目的2】について
たとえば、投資家などは、投資対象の吟味のため、投資候補の企業が投資した後、どれくらい成長して利益をもたらしてくれるのか、複数の投資候補企業から1社を選別するために、成長の可能性が一番高い企業を言い当てたい、という動機からというわけです。

それぞれ、動機が不純とか、分析目的をはき違えている、と言いたいわけではなくて、「成長性分析」をそういう動機で行いたいのなら、それなりのふさわしいツールを使用する必要がある、そして目的に応じた指標の見方も心得ておく必要がある、ということを主張したいだけです。

次章以降、かいつまんでそのTips(こつ)を説明していきたいと思います。


■ 企業の成長性を見る目を養う

「対前年比率:25%」などの、成長性指標を見る際、心構えというか、どういう目線でその数値を眺めるのか、その数値から何を読み取ろうとするのか、観察者側にある程度の用意が無いと、表示された数字はただのアラビア数字と「%」記号の羅列にすぎません。

① 出てきた数値を、過去の大まかな経験知と比べてみる
② 出てきた数値を、業界平均と比べてみる
③ その会社の数年間の数値の変化を調べてみる


①について
経済発展が著しい新興国での販売実績や、市場拡大スピードが速いIT業界における売上高の趨勢値などと、成熟した国内市場での販売実績や、商品ライフサイクルが成熟期に入ったものをだけを取り扱って、残存者利益を享受している企業の売上高の変動幅は、明らかに、異なります。

前者は、年率何百パーセントの伸び率の世界かもしれませんし、後者は、前年対比でプラスになれば上出来なのかもしれません。どこが適正値なのか? それは成長性指標を見る立場の人が、数字を目にする前にある程度予見や仮説を持つ必要性があることを意味しています。

②について
自分なりの、成長性指標に対する経験知や仮説が無い場合は、手っ取り早く、分析対象企業が属する業界の平均値や、コンペチタ-との比較をお勧めします。ただし、これにも注意点があります。同じ業界に属している(と思っている)企業たちが、等しく同質的な市場競争をしているわけではない、という事実を踏まえて頂きたいと思います。

たとえば、トヨタ自動車の売上高の成長性をコンペチタ-と考えられている日産自動車や本田技研工業と比べることに、通常は何ら違和感がないかもしれません。ただし、トヨタは金融事業や住宅事業を持っています。ホンダは二輪車事業を持っています。トヨタと日産とでは、経済成長著しいアジアの新興国でのシェアがそもそも違います。

<参考>
新興国は、インフレ率や経済成長率、為替変動など、各国でマクロ経済環境が大きく変わります。名目値である会計上の売上高などの数字は、そうしたマクロ経済の影響を大きく受けてしまいます。そういう売上高を素で比較して、こっちの方が大きい、小さいと議論するだけでは、分析にかける時間はもったいないですよね。

成長性指標で、競合とどういう視点で比較検証したいのか、それによって、一般的に競合企業といわれる企業の数字を丸々持ってきて並べてみても、得られるインサイト(洞察)は少なくなってしまうかもしれません。

③について
たとえば、売上高の成長性を見たい場合は、「売上方程式」とか「レベニュードライバー」、利益の成長性を見たい場合は、「バリュードライバー」といった指標の組み合わせで、どのように売上や利益の成長要因が説明されるか、その分析対象会社の直近数字を各種指標にブレイクダウンして、時間軸に沿って並べて眺めるだけでも、その企業の戦略の優劣が透けて見えることがあります。

⇒「売上方程式


■ 単に前年対比を眺めていれば済む話ではありません

長い前置きになりましたが、それでは、実際にこれから解説する成長性指標を順に紹介しておきます。算式としての指標だけでなく、それをどういう形(グラフなど)で見るのが効果的か、そういう話もしていきます。

・足元の事業運営の良否を判断するために

1.前期比較分析
  (1)実数
  (2)差数
  (3)成長率
     ① 対前年成長率(単年度成長率)
     ② CAGR(Compound Average Growth Rate)(年平均成長率)
  (4)指数(基準年成長指標)
  ※ ここまで代表例で「年」を基準にしています

2.トレンド分析
  (1)傾向分析(上記1.の指標を複数期間並列表示)
  (2)前年同期比分析
  (3)Zチャート   

・将来の企業成長を予測するために

3.モンテカルロシミュレーション(本シリーズでは名前の紹介のみ)
4.回帰分析(本シリーズでは単回帰分析のみを扱います)
5.持続可能な成長率(sustainable growth rate)

次回」から具体的な手法の説明に入ります。お楽しみに!
財務分析(入門編)_成長性分析(1)理解の動機と表示方法の種別



関連記事

テーマ : 会計・税務
ジャンル : ファイナンス

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon ファイナンス・経営書 売上ランキング

楽天 経理・財務管理 書籍 売上ランキング

最新記事
カテゴリ
緊急!?アンケート
より面白いブログづくりにご協力お願いします!m(_ _)m
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
プロフィール
経営管理とITとProject Management

小林友昭

Author:小林友昭
現役の経営コンサルタントが管理会計をテーマに情報発信します。

問い合わせはコチラから
他の方には公開されません

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
記事をお読みになって応援したくなったらワンクリックお願いします!   (ランキングページに飛ぶだけです)

FC2Blog Ranking
経理・会計・税金 ブログランキングへ

最新コメント
リンク
最近の読書遍歴
筆者が最近読んだ(読んでいる)中でこのブロクに関連している本の紹介です。
    ↓粉飾決算の見抜き方指南

会計不正はこう見抜け

新品価格
¥3,024から
(2015/4/19 12:31時点)

    ↓人工知能(AI)をいたずらに恐れない

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)

新品価格
¥864から
(2015/4/19 12:30時点)

    ↓クラウド時代のSIビジネスの処方箋

システムインテグレーション崩壊 ~これからSIerはどう生き残ればいいか?

新品価格
¥1,814から
(2015/4/19 12:28時点)

    ↓待望の改訂第3版 金融危機反映済み

ファイナンシャル・マネジメント 改訂3版---企業財務の理論と実践

新品価格
¥4,752から
(2015/3/2 11:50時点)

    ↓最強のエクセル資料作成指南

ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術---数字力が一気に高まる基本スキル

新品価格
¥1,836から
(2015/2/28 18:22時点)

    ↓超お手軽に競争戦略が分かる

最強の「イノベーション理論」集中講義

新品価格
¥1,728から
(2015/2/28 18:20時点)

    ↓グローバル事業戦略を確認

コークの味は国ごとに違うべきか

新品価格
¥2,057から
(2015/2/6 22:54時点)

    ↓増補改訂版が出ました

起業のファイナンス 増補改訂版 ベンチャーにとって一番大切なこと

新品価格
¥2,484から
(2015/2/6 22:41時点)

    ↓姉妹書の「経営戦略全史」もどうぞ

ビジネスモデル全史 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥3,024から
(2014/10/9 21:25時点)

    ↓入門書に最適なシンプルさです

新・企業価値評価

新品価格
¥4,320から
(2014/10/9 21:23時点)

    ↓ちょっと専門的ですよ!

起業のエクイティ・ファイナンス---経済革命のための株式と契約

新品価格
¥3,888から
(2014/10/9 21:22時点)

    ↓事例集として使えます

ビジネスモデルの教科書: 経営戦略を見る目と考える力を養う

新品価格
¥1,944から
(2014/10/9 21:21時点)

    ↓経営コンサルタントの暴露本です

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

新品価格
¥1,728から
(2014/10/9 21:16時点)

アクセス数
オンラインアクセス数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経理・会計
9位
アクセスランキングを見る>>
読まれている記事
注)現在、PCとモバイル経由は別々に集計されています。記事名に「-」が付いているとモバイル
掲示板
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
会計とマネジメントとITの参考図書
セレクションは偏っていますよ。だって本当に読んでいる中からお勧めしているから!
    ●会計基礎
    ↓財務諸表の基本が分かる(1)

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)

新品価格
¥778から
(2014/12/4 21:17時点)

    ↓財務諸表の基本が分かる(2)

財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方 (朝日新書)

新品価格
¥842から
(2014/12/4 21:20時点)

    ↓財務諸表の理解を深める(1)

企業の経営戦略を決算書から見抜く 「財務諸表」読解入門

新品価格
¥2,160から
(2014/12/4 21:22時点)

    ↓財務諸表の理解を深める(2)

[決定版] ほんとうにわかる財務諸表

中古価格
¥2,881から
(2014/12/4 21:23時点)

    ●管理会計
    ↓管理会計的考え方が身につく

決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計

新品価格
¥3,888から
(2014/12/4 21:25時点)

    ↓管理会計の全領域を押さえる

管理会計(第五版)

新品価格
¥5,184から
(2014/12/4 21:27時点)

    ↓予算編成と予実管理なら

高田直芳の実践会計講座 「管理会計」入門

新品価格
¥3,024から
(2014/12/4 21:35時点)

    ↓意思決定会計の初学用

ビジネスマンの基礎知識としての損得計算入門

新品価格
¥1,620から
(2014/12/4 21:37時点)

    ●ファイナンス
    ↓会計とファイナンスの基礎(1)

道具としてのファイナンス

新品価格
¥2,592から
(2014/12/4 21:39時点)

    ↓会計とファイナンスの基礎(2)

新版 ファイナンシャル・マネジメント ― 企業財務の理論と実践

新品価格
¥4,752から
(2014/12/4 21:41時点)

    ↓企業価値評価の王道(難)

企業価値評価 第5版 【上】

新品価格
¥4,320から
(2014/12/4 21:44時点)

企業価値評価 第5版 【下】

新品価格
¥4,320から
(2014/12/4 21:44時点)

    ●経営戦略
    ↓経営戦略の歴史を学ぶ

経営戦略全史 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥3,024から
(2014/12/4 21:51時点)

    ↓経営戦略論の体系を理解したい

戦略サファリ 第2版 -戦略マネジメント・コンプリート・ガイドブック

新品価格
¥4,536から
(2014/12/4 21:52時点)

    ↓経営学のほんとうの姿は?

世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア

新品価格
¥2,052から
(2014/12/4 22:18時点)

    ↓ビジネスモデル作ってみる?

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

新品価格
¥2,678から
(2014/12/4 21:56時点)

    ●経営管理
    ↓制約理論(TOC)を学ぶ

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

新品価格
¥1,728から
(2014/12/4 22:00時点)

ザ・ベロシティ

新品価格
¥1,728から
(2014/12/4 22:01時点)

    ↓収益モデルを考える

プロフィット・ゾーン経営戦略―真の利益中心型ビジネスへの革新

新品価格
¥2,592から
(2014/12/4 22:02時点)

    ↓会社組織の形を考える(1)

組織の経済学

新品価格
¥5,940から
(2014/12/4 22:05時点)

    ↓会社組織の形を考える(2)

戦略の経済学

新品価格
¥6,912から
(2014/12/4 22:06時点)

    ↓アーキテクチャを考える(1)

ものづくり経営学―製造業を超える生産思想 (光文社新書)

新品価格
¥1,296から
(2014/12/4 22:09時点)

    ↓アーキテクチャを考える(2)

ビジネス・アーキテクチャ―製品・組織・プロセスの戦略的設計

中古価格
¥915から
(2014/12/4 22:11時点)

    ↓稲盛イズムの原点を知る

稲盛和夫の実学―経営と会計

新品価格
¥566から
(2014/12/4 22:13時点)

    ↓岡目八目。他人のふり見て、、、

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)

新品価格
¥823から
(2014/12/5 10:30時点)

    ●ビジネスマンとしての教養
    ↓アドラー心理学でも身に着ける?

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

新品価格
¥1,620から
(2014/12/4 22:25時点)

    ↓自己啓発本の古典です

人を動かす 新装版

新品価格
¥1,620から
(2014/12/5 00:02時点)

    ↓メンターとの良き出会い

そうか、君は課長になったのか。 (ポケット・シリーズ)

新品価格
¥972から
(2014/12/5 10:33時点)

    ↓歴史と社会からビジネスを斬る

東大講義録 文明を解く I (日経ビジネス人文庫)

新品価格
¥771から
(2014/12/5 00:05時点)

東大講義録 文明を解くII―知価社会の構造分析 (日経ビジネス人文庫)

新品価格
¥720から
(2014/12/5 00:07時点)

    ↓文明史からビジネスを斬る(1)

文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)

新品価格
¥972から
(2014/12/5 00:07時点)

文庫 銃・病原菌・鉄 (下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)

新品価格
¥972から
(2014/12/5 00:10時点)

    ↓文明史からビジネスを斬る(2)

文明崩壊 上: 滅亡と存続の命運を分けるもの (草思社文庫)

新品価格
¥1,296から
(2014/12/5 00:14時点)

文明崩壊 下: 滅亡と存続の命運を分けるもの (草思社文庫)

新品価格
¥1,296から
(2014/12/5 00:15時点)

    ↓文明史からビジネスを斬る(3)

昨日までの世界(上)―文明の源流と人類の未来

新品価格
¥2,052から
(2014/12/5 00:12時点)

昨日までの世界(下)―文明の源流と人類の未来

新品価格
¥2,052から
(2014/12/5 00:12時点)

    ↓文明史からビジネスを斬る(4)

17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義

新品価格
¥1,836から
(2014/12/5 00:34時点)

    ↓文明史からビジネスを斬る(5)

誰も知らない 世界と日本のまちがい 自由と国家と資本主義

新品価格
¥1,944から
(2014/12/5 00:35時点)

    ●ITと業務プロセス
    ↓ITの上流設計をやる!

業務システムのための上流工程入門―要件定義から分析・設計まで

新品価格
¥2,592から
(2014/12/5 00:23時点)

    ↓データモデリング(1)

業務別データベース設計のためのデータモデリング入門

新品価格
¥3,240から
(2014/12/5 00:28時点)

    ↓データモデリング(2)

生産管理・原価管理システムのためのデータモデリング

新品価格
¥3,240から
(2014/12/5 00:29時点)

    ↓データモデリング(3)

販売管理システムで学ぶモデリング講座 (DB Magazine SELECTION)

新品価格
¥2,592から
(2014/12/5 00:25時点)

    ↓データベースと業務設計(1)

グラス片手にデータベース設計~販売管理システム編 (DBMagazine SELECTION)

新品価格
¥2,592から
(2014/12/5 00:30時点)

    ↓データベースと業務設計(2)

グラス片手にデータベース設計 生産管理システム編 (DB Magazine SELECTION)

新品価格
¥2,592から
(2014/12/5 00:32時点)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。