TOP > 会計(基礎編) > 会計を報告するとは

会計を報告するとは

■ どうして報告する必要があるのか

会計(基礎編)
会社を経営していくにあたり、いろんな人たちと一緒に仕事をしていきます。個人商店でもデイトレーダーでも、必ず誰かと商売上の取引についてコミュニケーションをする必要があります。私は、会社経営とは「互恵(ごけい)取引の束(たば)」と思っています。他人のことを考えて、その人のために何かをしてあげます。その見返りとして、相手はお金をくれるか、仕事を手伝ってくれるか、品物やサービスを提供してくれます。会社経営や仕事はそういうものではありませんか?

極論を言うと、具体的かつ物理的な即時の見返りがなくても取引は成立することがあります。だって、神や天を持ち出すことなく、いいことした人の行いは必ず見てくれる人がいて、その人が儲け話を持ってきてくれるかもしれません。また、無償でインターネット上に素材を提供したとしても、間接的に広告料とか手数料とかの思わぬ収入があるかもしれません。

しかしながら、株式会社に代表される「営利団体」というものは、一応法律的には「儲ける」ために存在を許されている(法的な立場が定義されている)ことになっています。会社が何か他の人(個人かもしれないし法人かもしれませんが)と「取引」する際には、その取引が自社にとって得か損か考えることが普通のことでしょう。それは相手も同じことであなた個人(またはあなたの会社)と取引して得をするのか損をするのか、知りたくなるはずです。

そうです。会社経営において、誰かと取引を始める際には、その取引が実際に儲かるものなのか、損得が評価できるように自分と相手の儲かり度合いの判断材料が必要になります。その判断材料で最も有効な情報の一つが「会計情報」なのです。

そして、相手の心証を良くし、相手が取引に乗ってくれるように儲かり度合いが判断しやすいように自社の儲けに関する金額情報を相手に示すこと、これが「会計報告」ということになります。


■ 会計報告と商取引のタイミング

実は上記の説明では、会計報告の半分しか説明したことになっていません。実際に取引を始める前に相手の会計情報を知りたいのはもちろんですが、取引が終わった時にもどれくらい儲かったかに関する会計情報を知りたくなるのが人情です。というより、取引当事者としては、取引後の成果がどれくらいだったかを明らかにして自分の儲かり度合いを最終的に知る必要があるからです。

これを、「経営者」と「株主(かぶぬし)」間の取引を例にして、次に説明します。

① 「経営者」は事業を拡大するための資金を出してほしいので、資金を出してくれるかもしれない人
     たちに、これ までどれくらい儲けたかの実績と、将来どれくらい儲かるかもしれない予想をお知ら
     せします。
② 手元にお金があって、何かに投資することでこれを増やしたいと考えている投資家は、「経営者」
     が見せる過去と将来の会計情報を事前に評価して、儲かりそうだと思ったらお金を経営者に渡しま
     す(=出資する=その会社の「株主」になる)。これが「取引」。
③ 出資後、最初の決算の際に、1年間に会社がどれくらい儲かったか、「経営者」は「株主」に報告
    し、「株主」が出資の見返りとして受け取ることができる配当金(はいとうきん)、すなわち株主
    の儲けを確定します。


■ 経営者が報告する相手は株主だけ?

経営者が企業経営をしていくにあたって、取引する相手は様々です。取引する人たちをいちいち挙げていったら、こういう会計の説明をするたびに全てを書かなければならないので、そういう人たちをまとめて「利害関係者(ステークホルダー:Stakeholders)」と呼ぶことにしています。

●主なステークホルダー 

誰?

興味の対象は?

会計情報をどう使うの?

投資家
(まだ株主になっていない人)

これから投資をする会社が将来儲かりそうか

投資したお金がいくら増えるかの皮算用に使う

株主

自分が出資した分の見返りはいくらになるか

健全な会社経営が続けられるのに必要なお金と見返り分のバランスを見極める

債権者
(銀行などの金融機関)

融資してもきちんと利息を払ってくれるか

融資した分を回収できない場合は担保をとれるか

融資したお金がいくら増えるかの皮算用に使う

融資した分が焦げ付いた場合は担保からいくら回収できるか計算する

税務署

税金をいくら払ってもらえそうか

会社の儲けから「税法」という決まりにしたがって納税額を求める

取引先

(サプライヤー)

「つけ」で商品を売った後に代金を払ってもらえそうか

つけ払いが焦げ付かないか、儲けの中からどれくらい会社に現金として残っているのかを見極める

顧客

安心して取引を継続できるか(例:家電を買ったときに付けた長期保証が無駄にならないか)

会社が倒産したり、事業撤退などせずに継続的に顧客サービスを提供したりできるだけの「儲かり体質になっているか」を確認する

従業員

給料がきちんと支払われるか。できれば長期的に会社が成長して給料も増えてほしい

就職するときに、会社の将来が大丈夫か確認する

儲けに比例した「業績給」がいくらになるか会社と合意する



ここまで、「会計を報告するとは」を説明しました。

会計報告


関連記事

テーマ : 会計・税務 / 税理士
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon ファイナンス・経営書 売上ランキング

楽天 経理・財務管理 書籍 売上ランキング

最新記事
カテゴリ
緊急!?アンケート
より面白いブログづくりにご協力お願いします!m(_ _)m
ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
プロフィール
経営管理とITとProject Management

小林友昭

Author:小林友昭
現役の経営コンサルタントが管理会計をテーマに情報発信します。

問い合わせはコチラから
他の方には公開されません

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
記事をお読みになって応援したくなったらワンクリックお願いします!   (ランキングページに飛ぶだけです)

FC2Blog Ranking
経理・会計・税金 ブログランキングへ

最新コメント
リンク
最近の読書遍歴
筆者が最近読んだ(読んでいる)中でこのブロクに関連している本の紹介です。
    ↓粉飾決算の見抜き方指南

会計不正はこう見抜け

新品価格
¥3,024から
(2015/4/19 12:31時点)

    ↓人工知能(AI)をいたずらに恐れない

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)

新品価格
¥864から
(2015/4/19 12:30時点)

    ↓クラウド時代のSIビジネスの処方箋

システムインテグレーション崩壊 ~これからSIerはどう生き残ればいいか?

新品価格
¥1,814から
(2015/4/19 12:28時点)

    ↓待望の改訂第3版 金融危機反映済み

ファイナンシャル・マネジメント 改訂3版---企業財務の理論と実践

新品価格
¥4,752から
(2015/3/2 11:50時点)

    ↓最強のエクセル資料作成指南

ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術---数字力が一気に高まる基本スキル

新品価格
¥1,836から
(2015/2/28 18:22時点)

    ↓超お手軽に競争戦略が分かる

最強の「イノベーション理論」集中講義

新品価格
¥1,728から
(2015/2/28 18:20時点)

    ↓グローバル事業戦略を確認

コークの味は国ごとに違うべきか

新品価格
¥2,057から
(2015/2/6 22:54時点)

    ↓増補改訂版が出ました

起業のファイナンス 増補改訂版 ベンチャーにとって一番大切なこと

新品価格
¥2,484から
(2015/2/6 22:41時点)

    ↓姉妹書の「経営戦略全史」もどうぞ

ビジネスモデル全史 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥3,024から
(2014/10/9 21:25時点)

    ↓入門書に最適なシンプルさです

新・企業価値評価

新品価格
¥4,320から
(2014/10/9 21:23時点)

    ↓ちょっと専門的ですよ!

起業のエクイティ・ファイナンス---経済革命のための株式と契約

新品価格
¥3,888から
(2014/10/9 21:22時点)

    ↓事例集として使えます

ビジネスモデルの教科書: 経営戦略を見る目と考える力を養う

新品価格
¥1,944から
(2014/10/9 21:21時点)

    ↓経営コンサルタントの暴露本です

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

新品価格
¥1,728から
(2014/10/9 21:16時点)

アクセス数
オンラインアクセス数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経理・会計
4位
アクセスランキングを見る>>
読まれている記事
注)現在、PCとモバイル経由は別々に集計されています。記事名に「-」が付いているとモバイル
掲示板
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
会計とマネジメントとITの参考図書
セレクションは偏っていますよ。だって本当に読んでいる中からお勧めしているから!
    ●会計基礎
    ↓財務諸表の基本が分かる(1)

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)

新品価格
¥778から
(2014/12/4 21:17時点)

    ↓財務諸表の基本が分かる(2)

財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方 (朝日新書)

新品価格
¥842から
(2014/12/4 21:20時点)

    ↓財務諸表の理解を深める(1)

企業の経営戦略を決算書から見抜く 「財務諸表」読解入門

新品価格
¥2,160から
(2014/12/4 21:22時点)

    ↓財務諸表の理解を深める(2)

[決定版] ほんとうにわかる財務諸表

中古価格
¥2,881から
(2014/12/4 21:23時点)

    ●管理会計
    ↓管理会計的考え方が身につく

決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計

新品価格
¥3,888から
(2014/12/4 21:25時点)

    ↓管理会計の全領域を押さえる

管理会計(第五版)

新品価格
¥5,184から
(2014/12/4 21:27時点)

    ↓予算編成と予実管理なら

高田直芳の実践会計講座 「管理会計」入門

新品価格
¥3,024から
(2014/12/4 21:35時点)

    ↓意思決定会計の初学用

ビジネスマンの基礎知識としての損得計算入門

新品価格
¥1,620から
(2014/12/4 21:37時点)

    ●ファイナンス
    ↓会計とファイナンスの基礎(1)

道具としてのファイナンス

新品価格
¥2,592から
(2014/12/4 21:39時点)

    ↓会計とファイナンスの基礎(2)

新版 ファイナンシャル・マネジメント ― 企業財務の理論と実践

新品価格
¥4,752から
(2014/12/4 21:41時点)

    ↓企業価値評価の王道(難)

企業価値評価 第5版 【上】

新品価格
¥4,320から
(2014/12/4 21:44時点)

企業価値評価 第5版 【下】

新品価格
¥4,320から
(2014/12/4 21:44時点)

    ●経営戦略
    ↓経営戦略の歴史を学ぶ

経営戦略全史 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥3,024から
(2014/12/4 21:51時点)

    ↓経営戦略論の体系を理解したい

戦略サファリ 第2版 -戦略マネジメント・コンプリート・ガイドブック

新品価格
¥4,536から
(2014/12/4 21:52時点)

    ↓経営学のほんとうの姿は?

世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア

新品価格
¥2,052から
(2014/12/4 22:18時点)

    ↓ビジネスモデル作ってみる?

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

新品価格
¥2,678から
(2014/12/4 21:56時点)

    ●経営管理
    ↓制約理論(TOC)を学ぶ

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

新品価格
¥1,728から
(2014/12/4 22:00時点)

ザ・ベロシティ

新品価格
¥1,728から
(2014/12/4 22:01時点)

    ↓収益モデルを考える

プロフィット・ゾーン経営戦略―真の利益中心型ビジネスへの革新

新品価格
¥2,592から
(2014/12/4 22:02時点)

    ↓会社組織の形を考える(1)

組織の経済学

新品価格
¥5,940から
(2014/12/4 22:05時点)

    ↓会社組織の形を考える(2)

戦略の経済学

新品価格
¥6,912から
(2014/12/4 22:06時点)

    ↓アーキテクチャを考える(1)

ものづくり経営学―製造業を超える生産思想 (光文社新書)

新品価格
¥1,296から
(2014/12/4 22:09時点)

    ↓アーキテクチャを考える(2)

ビジネス・アーキテクチャ―製品・組織・プロセスの戦略的設計

中古価格
¥915から
(2014/12/4 22:11時点)

    ↓稲盛イズムの原点を知る

稲盛和夫の実学―経営と会計

新品価格
¥566から
(2014/12/4 22:13時点)

    ↓岡目八目。他人のふり見て、、、

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)

新品価格
¥823から
(2014/12/5 10:30時点)

    ●ビジネスマンとしての教養
    ↓アドラー心理学でも身に着ける?

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

新品価格
¥1,620から
(2014/12/4 22:25時点)

    ↓自己啓発本の古典です

人を動かす 新装版

新品価格
¥1,620から
(2014/12/5 00:02時点)

    ↓メンターとの良き出会い

そうか、君は課長になったのか。 (ポケット・シリーズ)

新品価格
¥972から
(2014/12/5 10:33時点)

    ↓歴史と社会からビジネスを斬る

東大講義録 文明を解く I (日経ビジネス人文庫)

新品価格
¥771から
(2014/12/5 00:05時点)

東大講義録 文明を解くII―知価社会の構造分析 (日経ビジネス人文庫)

新品価格
¥720から
(2014/12/5 00:07時点)

    ↓文明史からビジネスを斬る(1)

文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)

新品価格
¥972から
(2014/12/5 00:07時点)

文庫 銃・病原菌・鉄 (下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)

新品価格
¥972から
(2014/12/5 00:10時点)

    ↓文明史からビジネスを斬る(2)

文明崩壊 上: 滅亡と存続の命運を分けるもの (草思社文庫)

新品価格
¥1,296から
(2014/12/5 00:14時点)

文明崩壊 下: 滅亡と存続の命運を分けるもの (草思社文庫)

新品価格
¥1,296から
(2014/12/5 00:15時点)

    ↓文明史からビジネスを斬る(3)

昨日までの世界(上)―文明の源流と人類の未来

新品価格
¥2,052から
(2014/12/5 00:12時点)

昨日までの世界(下)―文明の源流と人類の未来

新品価格
¥2,052から
(2014/12/5 00:12時点)

    ↓文明史からビジネスを斬る(4)

17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義

新品価格
¥1,836から
(2014/12/5 00:34時点)

    ↓文明史からビジネスを斬る(5)

誰も知らない 世界と日本のまちがい 自由と国家と資本主義

新品価格
¥1,944から
(2014/12/5 00:35時点)

    ●ITと業務プロセス
    ↓ITの上流設計をやる!

業務システムのための上流工程入門―要件定義から分析・設計まで

新品価格
¥2,592から
(2014/12/5 00:23時点)

    ↓データモデリング(1)

業務別データベース設計のためのデータモデリング入門

新品価格
¥3,240から
(2014/12/5 00:28時点)

    ↓データモデリング(2)

生産管理・原価管理システムのためのデータモデリング

新品価格
¥3,240から
(2014/12/5 00:29時点)

    ↓データモデリング(3)

販売管理システムで学ぶモデリング講座 (DB Magazine SELECTION)

新品価格
¥2,592から
(2014/12/5 00:25時点)

    ↓データベースと業務設計(1)

グラス片手にデータベース設計~販売管理システム編 (DBMagazine SELECTION)

新品価格
¥2,592から
(2014/12/5 00:30時点)

    ↓データベースと業務設計(2)

グラス片手にデータベース設計 生産管理システム編 (DB Magazine SELECTION)

新品価格
¥2,592から
(2014/12/5 00:32時点)