TOP > 会計(基礎編) > 第3の刺客 キャッシュフロー計算書 登場

第3の刺客 キャッシュフロー計算書 登場

■ キャッシュフローを見る必要性

会計(基礎編) 
前回、「信用取引」が行われた際の会計帳簿である「貸借対照表」と「損益計算書」の成り立ちを説明しました。会社が「どれくらい儲かったか」を見るために、2種類の利益の計算方法、「財産法」と「損益法」に対応するように、それぞれ「貸借対照表」と「損益計算書」が使用されることも学びました。どれくらい儲かったか計測したい期間の始まりと終わりの「貸借対照表」を差し引きしたり、どれくらい儲かったか計測したい期間の財産の増減取引を網羅的に記録した「損益計算書」があれば、「利益」は計算できることを確認しました。

ただし、前々回の「現金商売」のケースと前回の「信用取引」のケースでは、計算された「利益」の額は同じなのですが、「利益」が計算されたとき(決算時)、会社に残っている「現金」の金額も同じでしたでしょうか?

イタズラに、会計帳簿は種類が多くあるのではなく、それぞれ役割・役目があります。詳細は、全種類の会計帳簿が登場した時に再整理しますが(一体いくつあるのかはお楽しみに!)、「キャッシュフロー計算書」にも「貸借対照表」や「損益計算書」にはないものをチェックするために存在しています。


■ 「現金商売」と「信用取引」の会計帳簿を再確認

それでは、前々回と前回の玩具屋さんの経営の事例をもう一度おさらいしましょう。

《A.現金商売》

会計(基礎編)_貸借対照表_現金商売_決算 

会計(基礎編)_損益計算書_現金商売_決算 


《B.信用取引》

会計(基礎編)_貸借対照表_信用取引_決算 

会計(基礎編)_損益計算書_信用取引_決算

まず、内容の精査に入る前に、ここで、一つ目のお約束事を皆さんに取り付けさせて頂きたいと思います。会社が手提げ金庫などで手元に保管している「現金(現ナマ)」と、金融機関に預けている「預金」は、合わせて「キャッシュ」と呼びたいと思います。現実世界でも、皆さんの財布には現金とキャッシュカードが入っていると思います。現金が不足したら、即時にATMに行って現金を下ろしてくると思います。両者にはあまり違いはないのでは、、、?
(ちなみに、筆者は結婚してからキャッシュカードは一切持たされておりません (´Д`。))

会計の世界では「現預金(げんよきん)」と呼び習わし、一括りに表現することがあります。「キャッシュフロー計算書」における「キャッシュ」は「現預金」のことを指します。
(もうちょっと勉強している方は「現金同等物」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。これも全部「キャッシュ」とここでは簡単にご理解ください)

では、前置きはこれくらいにして、2つのケースを比較してみましょう。

「A.現金商売」の時には、「貸借対照表」上に残っている「キャッシュ」は、160万円です。
「B.信用取引」の時には、「貸借対照表」上に残っている「キャッシュ」は、60万円です。

「キャッシュ」は100万円も違うのに、「利益」はどちらも60万円で一緒です。
この「利益」は同じなのに、「キャッシュ」が異なる状態が、昔はそれほどありませんでした。しかし、産業革命以降、産業経済が発達して、いろんな為替取引や商取引形態が登場してきて、「利益」と「キャッシュ」のかい離がどんどん大きくなりました。
(厳密には後ほど説明します)

皆さんは素朴に、下のような等式が成り立つという感覚をお持ちだと思います。
「会社が儲かっている」=「利益が増える」=「キャッシュが増える」

2つ目のイコールが「利益額」と「キャッシュ」とで皮膚感覚として合わなくなったので、「利益」をダイレクトに計算する「損益計算書」とは別に、「キャッシュ」の増減を計算する「キャッシュフロー計算書」を見てみたくなったわけです。


■ キャッシュフロー計算書をつくってみる

それでは、「A.現金商売」と「B.信用取引」の2つのケースそれぞれの「キャッシュフロー計算書」をつくってみましょう。

《A.現金商売》
  1. 会社設立時に、株主(親父)から出資として100万円のキャッシュが入ってくる
  2. それとほぼ同時に、信用金庫から融資として100万円のキャッシュが入ってくる
  3. 店舗を不動産屋から購入した時に、100万円のキャッシュが出ていく
  4. 商品を問屋から購入した時に、100万円のキャッシュが出ていく
  5. お客様に商品を販売した時に、200万円のキャッシュが入ってくる
  6. 自分に給料を支払う時に、30万円のキャッシュが出ていく
  7. 信用金庫に利息を支払う時に、10万円のキャッシュが出ていく

ここで2つ目のお約束事として、ある一定期間(決算から決算の間)に、「キャッシュ」が出ていったり、入ってきたりする取引やその金額のことを「キャッシュフロー」といいます。そして、入ってくるキャッシュのことを「キャッシュ・イン・フロー(CIF: Cash In Flow)」、出ていくキャッシュのことを「キャッシュ・アウト・フロー(COF: Cash Out Flow)」と区別した言い方もあります。

下表では、紙面の都合もあったので、いきなり略称の「CIF」「COF」を使用させて頂きます。 

会計(基礎編)_キャッシュフロー計算書_現金商売

ここでの気付きは2つです。
  • 「キャッシュフロー計算書」は、「貸借対照表」と「損益計算書」に記録されている項目をごちゃ混ぜにして計算されること
  • 「損益計算書」の時には、財産の増減に無関係ということで無視されていた「店舗購入」がCOFとして計算対象になっていること

《B.信用取引》
  1. 会社設立時に、株主(親父)から出資として100万円のキャッシュが入ってくる
  2. それとほぼ同時に、信用金庫から融資として100万円のキャッシュが入ってくる
  3. 店舗を不動産屋から購入した時に、100万円のキャッシュが出ていく
  4. 自分に給料を支払う時に、30万円のキャッシュが出ていく
  5. 信用金庫に利息を支払う時に、10万円のキャッシュが出ていく
会計(基礎編)_キャッシュフロー計算書_信用取引

ここでの気付きは1つです。
会社設立時の、会社立ち上げ資金以外にCIFが無いので、どんどん会社の中の「キャッシュ」が少なくなる一方で一切入ってきていないこと


■ 改めて確認 ―「キャッシュフロー計算書」の必要性

信用取引がどんどん発達していった結果、実際に「キャッシュ」を受け取らない、渡さない商取引が増えていって、「貸借対照表」と「損益計算書」の上では、プラスの「利益」が計算されたとしても、「キャッシュ」がどんどん不足していって、銀行に利息を支払えなくなる時が来るケースが発生する可能性が出てきました。

「利益」が出ている=「黒字」なのに、手元に「キャッシュ」が無いために、債務(金融機関や取引先から借りているお金)を返済できなくなり、いわゆる「倒産」する会社がぼちぼち出てきました。そうなると、銀行も、「貸借対照表」と「損益計算書」だけ見て、「利益」が出ているからといって、安心して融資した後、返済してもらえなくなることを恐れて「キャッシュフロー計算書」も見るようになったのです。

「資産(財産)」の増減を「利益」として表現した「損益計算書」と、「キャッシュ(残高)」の増減を「キャッシュフロー」として表現した「キャッシュフロー計算書」の2つを併用する必要性が出てきたということです。

このように、「利益」がプラス=「黒字」なのに借金を返済できなくなり「倒産」(=銀行取引停止)になることを「黒字倒産」といいます。こういう言葉が登場してきたというのは、そういう会社が増えてきて、銀行も注意をし始めたということです。

ちなみに、「キャッシュフロー計算書」が登場する前は、「キャッシュ」の増減を見る会計帳簿がいろいろありました。

「資金繰り表」
「資金移動表」
「資金運用表」 などなど。

筆者は、「キャッシュフロー計算書」が正式な会計帳簿になる前から、経理実務をしていたので、これらの帳票を使って実際に仕事をしていました。

今でも、会計実務の中で、これらの帳票が活躍しているのを見ることがあります。というより、少なくとも「資金繰り表」は無いと資金管理に困ってしまうので、逆に無いと困ります。まあ、世の中の偉い学者と賢い官僚が導入を決めた「キャッシュフロー計算書」より昔の会計帳簿の方が使い勝手があると思っている人は筆者以外にもいらっしゃると思いますが、「キャッシュフロー計算書」が華々しくデビューした時には、皆が万能帳簿として誤解をしたものであります。

ちなみに、「貸借対照表」と「損益計算書」の組み合わせで「キャッシュ」残高の安全性や擬似的な「キャッシュフロー」を計算したり、倒産の危険度を測ったりする会計技術があります。それは「財務分析(その中でも「安全性分析」)」というもので、これについては別シリーズで説明したいと思います。

ここまで、「第3の刺客 キャッシュフロー計算書 登場」を説明しました。
会計(基礎編)_第3の刺客 キャッシュフロー計算書 登場



関連記事

テーマ : 会計・税務 / 税理士
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

Amazon ファイナンス・経営書 売上ランキング

楽天 経理・財務管理 書籍 売上ランキング

最新記事
カテゴリ
緊急!?アンケート
より面白いブログづくりにご協力お願いします!m(_ _)m
ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
プロフィール
経営管理とITとProject Management

小林友昭

Author:小林友昭
現役の経営コンサルタントが管理会計をテーマに情報発信します。

問い合わせはコチラから
他の方には公開されません

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
記事をお読みになって応援したくなったらワンクリックお願いします!   (ランキングページに飛ぶだけです)

FC2Blog Ranking
経理・会計・税金 ブログランキングへ

最新コメント
リンク
最近の読書遍歴
筆者が最近読んだ(読んでいる)中でこのブロクに関連している本の紹介です。
    ↓粉飾決算の見抜き方指南

会計不正はこう見抜け

新品価格
¥3,024から
(2015/4/19 12:31時点)

    ↓人工知能(AI)をいたずらに恐れない

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)

新品価格
¥864から
(2015/4/19 12:30時点)

    ↓クラウド時代のSIビジネスの処方箋

システムインテグレーション崩壊 ~これからSIerはどう生き残ればいいか?

新品価格
¥1,814から
(2015/4/19 12:28時点)

    ↓待望の改訂第3版 金融危機反映済み

ファイナンシャル・マネジメント 改訂3版---企業財務の理論と実践

新品価格
¥4,752から
(2015/3/2 11:50時点)

    ↓最強のエクセル資料作成指南

ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術---数字力が一気に高まる基本スキル

新品価格
¥1,836から
(2015/2/28 18:22時点)

    ↓超お手軽に競争戦略が分かる

最強の「イノベーション理論」集中講義

新品価格
¥1,728から
(2015/2/28 18:20時点)

    ↓グローバル事業戦略を確認

コークの味は国ごとに違うべきか

新品価格
¥2,057から
(2015/2/6 22:54時点)

    ↓増補改訂版が出ました

起業のファイナンス 増補改訂版 ベンチャーにとって一番大切なこと

新品価格
¥2,484から
(2015/2/6 22:41時点)

    ↓姉妹書の「経営戦略全史」もどうぞ

ビジネスモデル全史 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥3,024から
(2014/10/9 21:25時点)

    ↓入門書に最適なシンプルさです

新・企業価値評価

新品価格
¥4,320から
(2014/10/9 21:23時点)

    ↓ちょっと専門的ですよ!

起業のエクイティ・ファイナンス---経済革命のための株式と契約

新品価格
¥3,888から
(2014/10/9 21:22時点)

    ↓事例集として使えます

ビジネスモデルの教科書: 経営戦略を見る目と考える力を養う

新品価格
¥1,944から
(2014/10/9 21:21時点)

    ↓経営コンサルタントの暴露本です

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

新品価格
¥1,728から
(2014/10/9 21:16時点)

アクセス数
オンラインアクセス数
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
経理・会計
6位
アクセスランキングを見る>>
読まれている記事
注)現在、PCとモバイル経由は別々に集計されています。記事名に「-」が付いているとモバイル
掲示板
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
会計とマネジメントとITの参考図書
セレクションは偏っていますよ。だって本当に読んでいる中からお勧めしているから!
    ●会計基礎
    ↓財務諸表の基本が分かる(1)

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)

新品価格
¥778から
(2014/12/4 21:17時点)

    ↓財務諸表の基本が分かる(2)

財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方 (朝日新書)

新品価格
¥842から
(2014/12/4 21:20時点)

    ↓財務諸表の理解を深める(1)

企業の経営戦略を決算書から見抜く 「財務諸表」読解入門

新品価格
¥2,160から
(2014/12/4 21:22時点)

    ↓財務諸表の理解を深める(2)

[決定版] ほんとうにわかる財務諸表

中古価格
¥2,881から
(2014/12/4 21:23時点)

    ●管理会計
    ↓管理会計的考え方が身につく

決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計

新品価格
¥3,888から
(2014/12/4 21:25時点)

    ↓管理会計の全領域を押さえる

管理会計(第五版)

新品価格
¥5,184から
(2014/12/4 21:27時点)

    ↓予算編成と予実管理なら

高田直芳の実践会計講座 「管理会計」入門

新品価格
¥3,024から
(2014/12/4 21:35時点)

    ↓意思決定会計の初学用

ビジネスマンの基礎知識としての損得計算入門

新品価格
¥1,620から
(2014/12/4 21:37時点)

    ●ファイナンス
    ↓会計とファイナンスの基礎(1)

道具としてのファイナンス

新品価格
¥2,592から
(2014/12/4 21:39時点)

    ↓会計とファイナンスの基礎(2)

新版 ファイナンシャル・マネジメント ― 企業財務の理論と実践

新品価格
¥4,752から
(2014/12/4 21:41時点)

    ↓企業価値評価の王道(難)

企業価値評価 第5版 【上】

新品価格
¥4,320から
(2014/12/4 21:44時点)

企業価値評価 第5版 【下】

新品価格
¥4,320から
(2014/12/4 21:44時点)

    ●経営戦略
    ↓経営戦略の歴史を学ぶ

経営戦略全史 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

新品価格
¥3,024から
(2014/12/4 21:51時点)

    ↓経営戦略論の体系を理解したい

戦略サファリ 第2版 -戦略マネジメント・コンプリート・ガイドブック

新品価格
¥4,536から
(2014/12/4 21:52時点)

    ↓経営学のほんとうの姿は?

世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア

新品価格
¥2,052から
(2014/12/4 22:18時点)

    ↓ビジネスモデル作ってみる?

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

新品価格
¥2,678から
(2014/12/4 21:56時点)

    ●経営管理
    ↓制約理論(TOC)を学ぶ

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

新品価格
¥1,728から
(2014/12/4 22:00時点)

ザ・ベロシティ

新品価格
¥1,728から
(2014/12/4 22:01時点)

    ↓収益モデルを考える

プロフィット・ゾーン経営戦略―真の利益中心型ビジネスへの革新

新品価格
¥2,592から
(2014/12/4 22:02時点)

    ↓会社組織の形を考える(1)

組織の経済学

新品価格
¥5,940から
(2014/12/4 22:05時点)

    ↓会社組織の形を考える(2)

戦略の経済学

新品価格
¥6,912から
(2014/12/4 22:06時点)

    ↓アーキテクチャを考える(1)

ものづくり経営学―製造業を超える生産思想 (光文社新書)

新品価格
¥1,296から
(2014/12/4 22:09時点)

    ↓アーキテクチャを考える(2)

ビジネス・アーキテクチャ―製品・組織・プロセスの戦略的設計

中古価格
¥915から
(2014/12/4 22:11時点)

    ↓稲盛イズムの原点を知る

稲盛和夫の実学―経営と会計

新品価格
¥566から
(2014/12/4 22:13時点)

    ↓岡目八目。他人のふり見て、、、

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)

新品価格
¥823から
(2014/12/5 10:30時点)

    ●ビジネスマンとしての教養
    ↓アドラー心理学でも身に着ける?

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

新品価格
¥1,620から
(2014/12/4 22:25時点)

    ↓自己啓発本の古典です

人を動かす 新装版

新品価格
¥1,620から
(2014/12/5 00:02時点)

    ↓メンターとの良き出会い

そうか、君は課長になったのか。 (ポケット・シリーズ)

新品価格
¥972から
(2014/12/5 10:33時点)

    ↓歴史と社会からビジネスを斬る

東大講義録 文明を解く I (日経ビジネス人文庫)

新品価格
¥771から
(2014/12/5 00:05時点)

東大講義録 文明を解くII―知価社会の構造分析 (日経ビジネス人文庫)

新品価格
¥720から
(2014/12/5 00:07時点)

    ↓文明史からビジネスを斬る(1)

文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)

新品価格
¥972から
(2014/12/5 00:07時点)

文庫 銃・病原菌・鉄 (下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)

新品価格
¥972から
(2014/12/5 00:10時点)

    ↓文明史からビジネスを斬る(2)

文明崩壊 上: 滅亡と存続の命運を分けるもの (草思社文庫)

新品価格
¥1,296から
(2014/12/5 00:14時点)

文明崩壊 下: 滅亡と存続の命運を分けるもの (草思社文庫)

新品価格
¥1,296から
(2014/12/5 00:15時点)

    ↓文明史からビジネスを斬る(3)

昨日までの世界(上)―文明の源流と人類の未来

新品価格
¥2,052から
(2014/12/5 00:12時点)

昨日までの世界(下)―文明の源流と人類の未来

新品価格
¥2,052から
(2014/12/5 00:12時点)

    ↓文明史からビジネスを斬る(4)

17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義

新品価格
¥1,836から
(2014/12/5 00:34時点)

    ↓文明史からビジネスを斬る(5)

誰も知らない 世界と日本のまちがい 自由と国家と資本主義

新品価格
¥1,944から
(2014/12/5 00:35時点)

    ●ITと業務プロセス
    ↓ITの上流設計をやる!

業務システムのための上流工程入門―要件定義から分析・設計まで

新品価格
¥2,592から
(2014/12/5 00:23時点)

    ↓データモデリング(1)

業務別データベース設計のためのデータモデリング入門

新品価格
¥3,240から
(2014/12/5 00:28時点)

    ↓データモデリング(2)

生産管理・原価管理システムのためのデータモデリング

新品価格
¥3,240から
(2014/12/5 00:29時点)

    ↓データモデリング(3)

販売管理システムで学ぶモデリング講座 (DB Magazine SELECTION)

新品価格
¥2,592から
(2014/12/5 00:25時点)

    ↓データベースと業務設計(1)

グラス片手にデータベース設計~販売管理システム編 (DBMagazine SELECTION)

新品価格
¥2,592から
(2014/12/5 00:30時点)

    ↓データベースと業務設計(2)

グラス片手にデータベース設計 生産管理システム編 (DB Magazine SELECTION)

新品価格
¥2,592から
(2014/12/5 00:32時点)